事業資金を調達する場合に合った資金調達方法がある

ファクタリングでの事業資金の調達方法を知ろう

融資が必要になるときがある

人生において、どうしても融資が必要になるときがあるものです。金融機関はさまざまなものがあるので、利用方法を知って状況に合わせた資金調達の方法を知っていきましょう。

資金を調達するための方法をチェック!

メンズ

銀行融資

プロパー融資ともいわれる融資方法ですが、この特色は銀行が直接企業に貸し付けをする方法です。信用保証協会の仲介を挟むことがないので保証料がいりませんし、限度額がありません。事業資金の利用に検討される方法です。

国民政策金融公庫

時間に余裕がある事業者であれば、国民政策金融公庫の利用も検討できます。金利が低いのが特徴で、種類も豊富です。旅館業やクリーニング業なら生活衛生貸付などが利用しやすく、中小企業経営力強化資金という融資もあります。

ファクタリング

資金繰りが厳しく、すぐに資金を用意しなければならないとなった場合に便利な調達方法です。借金をするわけでもないので、負担を増やすことはありません。後日支払う予定の売掛金を先に現金化するという形式なのですぐ調達できます。

ビジネスローン

緊急の場合に、ファクタリングよりも早く事業資金を調達できます。ビジネスに特化したローンで、信販系や消費者金融が扱っていることが多いです。もし前期決算分が赤字であっても、融資してくれることがあります。

事業資金を調達する場合に合った資金調達方法がある

婦人

無担保でお金を用意したいときに便利

お金を貸す側も、何か保証があったほうが良いです。そのときに利用されるのが担保で、もし返済が滞ったときは担保が現金に換えられます。その代わり融資を受ける側が損をすることになるため、融資のハードルが高くなるのです。ファクタリングは売掛金を利用する事業資金調達方法なので、無担保で現金を調達でき、融資を受けるハードルを下げられます。

お金

ファクタリング利用事例で多いケース

ファクタリングで事業資金を調達し、支払いをするケースで多いのが給与が払えないときだといわれています。社員に給与が支払えないということは経営者の信頼を失うことにもつながりかねません。売り上げが存在するなら、信頼を失う前にファクタリングで資金調達をしたほうがメリットが大きいです。

状況に合った調達方法がある

融資は様々な形式があるので、状況に合ったものを利用するのがポイントです。将来性がある、実際に売り上げがあるというのであれば、融資ではなくファクタリングという方法もあるのでこういった方法を知っておくことが大事です。

広告募集中